爪の手入れはネイルサロン

歯医者で受けられるインプラント

歯科医院で受けられる医療行為であるインプラントでは、虫歯や歯周病などで抜けてしまった歯の代わりに、チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込んでいます。チタンは身体との親和性に優れておりあごの骨に結合する、金属アレルギーの心配が無いなどの性質があります。その人工歯根に審美性に優れているセラミック製の人工歯をかぶせます。見た目が自然でしっかりと固定されるのでまるでご自身の健康な歯同様に噛むことが出来ます。その代わりにインプラントの機能を持続させるために定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスさえしっかり行っていれば機能を半永久的に維持できると言われています。インプラントでは外科手術が必要ですが、手術中は麻酔が効いているので痛みは感じません。最近では歯科用CTという最新の設備を導入している歯科医院が多く、お口の中を3次元的に診断することが出来ます。傷つけたくない神経や血管の位置が分かるので、インプラントをどのように埋め込めば安全かしっかり把握することが出来ます。

清川保育園で悩む前にアクセス
買い物するなら楽天
Gooで欲しいもの見つかる